明日はトロント

へ行って来ます。

日本語関係の会合があり、レンタカーをして参加することになりました。
当初、ひとりで電車で行こうと思っていたのですが、
へたをすると、帰りが夜22時の電車にのることになり、
不便だなーと思って、ついついいつものごとく、Hくんに甘え、
一緒についてきてもらうことになりました。

育った地元は車がないと移動が不便、というところなので、
18歳で免許を取得してから、ずーっと運転はしていたのですが、
こちらに来てから、あまり運転しなくなり・・・、
そして、年をとって「恐怖心」が芽生えたせいか・・・
どんどん車の運転がこわくなってしまっています。

実際、あまりにぎこちない運転に、ひやっとした場面もあり。。。
「もう、できる限り運転はしたくない」と思っていたりします。

※でも、地元ではまだ大丈夫なんです。なんですかねぇ。
やっぱり「土地勘」とか、「左側(右側?分からない。)運転に慣れてるから」とかですかね!?
(いいわけですが。。。)


そんなわけで、明日はHくんにいつもの研究所の業務を休んでもらって、
一緒にトロントに行くことに。
研究所に迷惑をかけてしまって申し訳ない。。。
でも、逆に数ヶ月でゼロからこの研究所内で自分のポジションを確立させているHくんに脱帽!
という客観的な気持ちもあります。


そんな自分のスキルをどんどん拡大&伸長させているHくんは、
私にとって、本当になくてはならない存在であり、とーっても頼りになる存在なのです。


私にとっては思い出の土地でも、Hくんにとっては何をとっても不慣れな土地。
そんなこの国に来て、はや3年目。

Hくんは本当に私以上に、この土地になじみ、誰よりも愛されている気がしてなりません。
今の研究所に入れたのも、Hくんのにじみ出るひとがらがあってこそだろうな、と
いつも感じています。
そんな人と一緒にいられる私は本当に幸運で、幸せだなーとも。


そんなにじみでるほどの人格者でない私は、大学院に行ったり、
いろいろと夢を追いかけ、武装するのですが、そういう武装がいかに無意味であるかも、
Hくんを見ていると感じます。
とはいえ、私にはこれがやりたいことなので、やめられないんですが(笑)。

そいういう私をひろーい心で支えてくれるところもH君のすんばらしい所です。


ちなみに、私の実家では「神様」としてあがめられているHくんであります。




何を近親者にHくんの自慢をしているんだ、と苦笑されそうですが、
凸凹コンビで頑張ってますよーとお伝えしたく、書いてみました。


では、明日のトロント(旅行)記をまたお楽しみに♪



R
[PR]
by hr_canada | 2008-12-11 07:34 | 旅行 | Comments(0)