離乳食 カナダ事情

離乳食が始まって1週間。

日本では、もう少し早くから始めるようですが、
以前ここに書いたように、お医者さん、保健師さんから

『6ヶ月を過ぎてからね!』

としつこく(笑)言われていたので、6ヶ月半から始めたはーちゃんです。

開始時期だけではなく、やはりカナダと日本でいろいろ離乳食に対する考え方が
違うようです。

c0081257_2243557.jpg


この写真は、保健師のクララが送ってくれた離乳食ガイドブックです。
今日、ちゃんと読んでみたのですが、その日加間の違う点分かり、おもしろいです。


■ 6ヶ月までは、ミルクORおっぱいだけ与える。水もあげなくてよい。
■ 離乳食開始時期は、6ヶ月より早すぎてもいけない。遅すぎてもダメ。
■ 最初は、ライスシリアルか肉/豆腐などのたんぱく質から始める。
■ 野菜は、肉のあとにあげはじめる。
■ 新しい食品をあげるときは、次の食品をあげるまで最低3、4日はあけること。



開始時期は、こちらの方式に合わせましたが、
私たちは、絶対カナダ!とか絶対日本!ということではなく、
双方の良い点を取り入れていこうと思っています。


肉VS野菜については、このガイドブックには肉から、とありましたが、
これはきっと狩猟民族の欧米人の消化器官にあわせてのことでは?と思います。
はーちゃんの体は農耕民族なので、やはり野菜を先にしました。


それから、新しい食品をあげる時は最低3,4日はあけて、というのはお医者さんからも言われました。
やはりこちらはアレルギーにとても慎重なのだと思います。
これは、私たちも納得。というわけで、次の野菜(たぶん、今が旬のかぼちゃ)は、
木曜日くらいにあげてみたいと思います。


それから、離乳食を手作りするかどうかについては、このガイドブックでは、
「そうしても良い」というレベルで、推奨されているわけではなさそうでした(笑)。

これについては、初めての食事なので、しばらくは手作りであげたいと二人とも思っています。


c0081257_961810.jpg


離乳食、なかなか楽しいふれあい時間です。



H
[PR]
by HR_Canada | 2011-10-17 15:23 | 6ヶ月 | Comments(0)