ぐわぐわさん、さようなら。

夕焼けが広がる秋の空。
学校の校庭で遊んでいると、ぐわぐわさんの大群がVの字になって飛んでいくのが見えました。圧巻の風景。

飛んでいく大軍を一生懸命自転車で追いかけて、そして、飛んで行っしまうのをじっと見ていたはな。
こっちに戻ってきて、大声で泣いてた。

冬を温かいところで過ごすために、ここからいなくなっちゃうって知ってるから、さみしくなっちゃったんだって。

大丈夫だよ、春になったら、赤ちゃんといっしょにまた帰ってくるよーって話をしました。

その後しばらくして、「はーちゃん ぐわぐわさんとくらしたいなー」って。

「そしたら、背中に乗せてもらって、いっしょに あったかいところにいけるのに」って。



素敵な気持ちだね。はな。



[PR]
by HR_Canada | 2017-09-15 10:53 | 6歳 & 4歳 | Comments(0)